熟女出会い掲示板

  • 投稿日:
  • by

hitoduma.jpg45歳の熟女の私は、今まで結婚して平穏に暮らしてきました。現在は義理の両親と同居です。
最近は、旦那の両親との同居は、少なくなっているようです。わが家はその昔、小さいながらも会社を経営しており、家族一丸となって働いてきたため、同居を続けてきました。当然、長男の嫁として気を使うし、ストレスも結構感じますが、、義父が優しい方でしたし、主人も常にそばにいて、私を守ってくれましたので、なんとか熟女になる年齢まで暮らしてきました。
ところが、不況で会社は廃業に追い込まれ、そのストレスのためか、義理の父は、体を壊して入院しました。夫も別の仕事を始めました。年齢がが高いので、派遣社員です。さらに息子が自立して家を出てから、姑と二人きりの時間が増えたのです。
義母は昔からきつい人でしたが、義父が亡くなつてからというもの、急にわがままを言って、私につらく当たるようになりました。

それでも主人に愚痴を聞いてもらいながら耐えてきたのです。
けれどもいま思えば、当時はまだマシでした。一年前に転んで骨折した義母は、入院してからすっかり体が衰えてしまい、寝たきりで介護が必要になったのです。
老いに伴ってわがままになっていたところに、思いどおりに動けないというジレンマがあるようで、私への八つ当たりもひどくなりました。主人も仕事が忙しく、帰りが遅くなつたり、出張で留守になったりすることが増え、間に入ってもらったり、愚痴を聞いてもらったりする相手すらいなくなったのです。
そんなわけで、熟女で更年期に差し掛かった私のストレスは、日々ひどくなっていきました。義母と長い時間2人きり、しかもひどいわがままを言われも切れそうでした。夫とのセックスもご無沙汰で性欲のはけ口もなくて欲求不満の熟女とは私の事です。出会いサイトでもやってみようかという誘惑に駆られたのもこのころです。しかし、熟女の私なんかを相手にしてくれるわけがないと思いまして踏みとどまりました。

そんな感じで、日々を過ごしていると思いがけない出会いがありました。訪問介護の男性との出会いです。
最初に紹介されたときに驚いたのですが、若い男性なのです。彼は二十六歳でした。
義母は、やはりへルバーさんにもわがままを言っているようで、ときおり部屋から、怒鳴り声が聞こえてきました。
いくら仕事とはいえ、若い男性が、それでも笑顔でかわしながら、一所懸命体をふいてあげたり食事を与えてくれたりしているかと思うと、自分が楽をしていることに胸が痛みました。同時に、彼のけなげさに胸を打たれ、恋愛感情を持ってしまったのです。彼が熟女好きである事を願いながら・・・。
彼に声をかけたり、見守っていたりするうち、おかしな感情が自分の中に芽生えていることに気づいたのです。
彼に会いたいと思いだしました。彼が来る時は、おしゃれ心を発揮して、お化粧をして髮を整え、スカートをはいて女らしさを意識していました。
彼が家の中にいるというだけでドキドキして、彼を想像しながらオナニーをしたこともあります。
欲求不満の熟女の私の体もうずきを感じるのです。
わが家の一階は、物置になっています。二階が家族全員の住まいになっていて、台所と居間の奥に姑の寝室があり、廊下をはさんで夫婦の寝室と、娘が使っていた空き部屋があります。
最近は彼が来ると寝室にこもり、廊下越しに聞こえてくる彼の声に耳を澄ませながら自慰行為をするのが習慣です。
たくましい腕で私のことも抱き締めて体を押し潰して。心の中でそんなふうに叫びながら、自分で乳房をまさぐり、指先を秘部の中に這わせてクリトリスをいじくり、股間にいやらしい蜜をしたたらせ、声を押し殺して悶えていたのです。
いつか彼とエッチできる日を待ち望んでいました。彼との出会いは、女を諦めていた熟女の私へのご褒美だと思っていました。熟女出会い

よく議論を呼ぶ問題ですが、「何歳から熟女やおばさんですか?」の答えはずばり「年齢は関係無し」です。
その答えは幼稚園の我が子が教えてくれました。
子供が生まれ母親になると、その子供のお友達に自分の事を話す時に、「おばちゃんね」と話しかけるようになります。
私は最初この「おばちゃん」と自分の事を呼ぶ事にかなり抵抗がありました。
でも、それ以外に自分を表す呼び方が無いのです。
なので母親になってからは「おばちゃん」と自分の事を呼ぶようになっていました。
すると、子供が大きくなってきて幼稚園年中さんぐらいになると、物事が色々分かってくるのか、我が子が「お母さんはおばちゃんじゃないよ」と言い始めたのです。
最初は「おばちゃんじゃなくてお母さんでしょ」という意味だと思っていました。
でも、よくよく聞いてみるとそうではありません。
子供の友達にも「~ちゃん(我が子)のお母さんはおばちゃんじゃないのに、おばちゃんって言うなんて可笑しいな~」って笑われました。
子供達の言う事をよくよく聞くと、見た目次第なのだと分かりました。
「~先生はおばちゃんで、~先生はおばちゃんじゃない」「~ちゃんのお母さんは、熟女で、~ちゃんのお母さんは熟女じゃない」と。
それは見た目でした。体型、服装、雰囲気です。実年齢ではありませんでした。
子供の率直な目を知り、「日々気を付けないとな~...」とちょっと怯えてしまいました

いったい何歳からおばさんと言えるか、というのは、個人差が大きいと思います。

一般の人のイメージするおばさんの年齢も個人差が大きいでしょうし、実際の女性も、同じ年でもおばさんに見える人と、おばさんには見えないという人と両方いると思うので、全部一緒にして何歳からおばさん、と区切ることは難しいかと思います。


おばさんというのは、見た目がおばさんというのと、内面がおばさんというのと、両方がすっかりおばさんというのと、これもまたいろいろあるかと思いますから、完全におばさんになるというのは、案外と年齢的には高いのではないかと私は思っています。


典型的なおばさんと言えば、やはり「大阪のおばちゃん」だと思いますが、大阪のおばちゃんのアイドルグループである「オバチャーン47」のメンバーは、だいたい50代か60代ぐらいです。それぐらいならば、もう文句なくおばさんと言えるのではないでしょうか。でも、60代でも美しい桃井かおりとか秋吉久美子などは果たしておばさんと言えるのでしょうか?やっぱり、ここにも個人差が出ているかと思います。
どうしても年齢で区切るとするならば、私はおばさんは45歳からではないかと思います。


いまどきのアラフォーは、まだまだ若いし元気で、あまりおばさんには見えません。もちろん、おばさんに見えるアラフォーもいるのですが、完全におばさんとは言えないのではないかと思います。
それで、アラフィフになる45歳と設定したわけですが、どんなものでしょうか。

熟女の魅力とは?

  • 投稿日:
  • by

自分で思うところの熟女、大人の女性というならそこはかとなくお色気が漂っていて、身のこなしも女性らしい仕草で、肌にも透明感のある理想という感じですね。
そんな理想を言ってみたって絵にかいたような女性とか、女優さんみたいに美しい人は現実的にはそうそういない、確率としたら数十人に一人もいればいいところかも知れないですが。
一般的な認識とするところは年齢が40歳からのアラフォー世代の女性とか、それよりというと40代後半で47か48歳くらいでも熟女と言っていい雰囲気はありますよね。
この一般的という中には20代男性から見た熟女さんというのも含まれる訳で、そうすると40歳以降のアラフォーは若い世代から見たオバサンに見えちゃうんですから、熟女と言えば30代後半くらいまでの女性と言ってもいいですね。

それからの30代後半の男性や40代から見れば、50歳前後の女性でもきれいめの女性ならばお色気のある熟女さんという思いをいだくでしょう。

熟女という言葉を辞書で調べての意味なんかより、こういう色んな世代から見た熟女というのがあるんですから、なるほどって思えます。
熟すということから熟女の中身を考えてみれば、果物とかそういうものに例えてみると分かり易い。例えば木のところになっているけどまだ食すほどの熟し加減になっていないリンゴとかミカンは晴れの日や雨降る日、風も受けながらいい甘味や旨みになるんですね。だから女性もそれと同じことで、何の苦もなく年齢だけが上がってお嬢さんしていると人間味の部分が感じられないものだ。
酸いも甘いも噛み分けてというけれど熟女というからには、せつない恋も甘い恋もしていい中身ができていないと熟すという雰囲気にならないと思うんです。いろんな恋、それに仕事やそのほかのプライベートでの日々の積み重ねで、艶めかしいというような妖艶さや色気が養われるんですね。そういうところだけでなく、男性や周囲に対しての配慮もできる、そんな女性が男性にも好まれて、女性からも反感買わずに憧れ的という存在になり得るのだと考えます。
色っぽさはどの女性にもあるもの、その部分を生活感あまり感じないように磨いていれば30代から40代といい熟女さんになれて、そんないい女性ならいい男と同性からも思ってもらえるような人にめぐりあえる確率も高くなる。若き女性にも、アラフォーのいいオバサンだからなんていう女性も熟女といういいステータスを持ってほしいと思います。

熟女と結婚

  • 投稿日:
  • by

33歳のときに年上の熟女と結婚し、新興住宅街に引っ越してきました。
彼女は優しくて、子供が生まれてからはやさしいお母さんにに変身しました。
しかし、ある日彼女は、家出したのです。びっくりしました。2日後帰ってきましたが、悪びれた様子もなく普段道理の感じでした。その夜いろいろ話をすると浮気もしていたらしいのです。熟女の出会い掲示板に登録して、男からのメールを待っているのです。
そんな彼女に一つだけ不満がありました。それは彼女がお酒をまったく飲めないこと。授乳期間中も飲めなかったので、いつも外で飲んでいたのです。それが不満で家出をしたようです。ひどいもんですよ。
駅前にある居酒屋に行くと、常連がいて、乾杯して盛り上がりました。妻のグチもありましたが、下ネタ中心です。盛り上がれば風俗にも行きました。それが嫁にばれていたようです。浮気の原因は、私だったのです。自業自得ですね。
いつも最初はビールを飲んでいたのですが、途中からおいしいと評判の泡盛を飲みはじめました。これがいけなかったんです。自分では大丈夫なつもりでしたが、ふだん飲み慣れない泡盛で頭が狂ってしまい、いつのまにか飲みすぎていたんです。
12時ごろになると最後に残って介抱してくれていたママも帰らないといけないからと言いだしました。
友達に迷惑はかけられないしと困っていると、景気のいいかけ声で店を取り仕切つていた居酒屋の主人が休んでいくといいよと言ってくれたので、お言葉に甘えることにしました。そこはお座敷になっていたので、靴を脱いで横になるとずいぶん楽になって寝てしまいました。